注目キーワード
  1. ブログ
  2. Canva
  3. Vlog
  4. YouTuber
  5. 動画

【文字起こし】くろラジmini17:自殺か、全員殺害か

恐ろしいことを平気で考えていた小学校時代。

ただの黒歴史。でも当時は本当に辛くてたまらなかった。

 

黒塚アキラ
こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。とにかくもう学校は辛い場所だった。小学校から高校に至るまで。ずっと黒歴史でずっと記憶がありません。それぐらい辛かった。完全に脳は忘れようとしているみたい。

 

 

これも辛かった…過去の体験を話すってスッキリしますね。でもこの時代の頃の苦しさはまだ忘れられない。

 

リゾバを辞めてちゃんとした仕事をし始めた頃にまたふと思い出して、「良い事があっても悪い事が来るんだ、あまり感情を揺り動かさないように不幸に備えておこう」と思い出した時もあります。

 

 

そういった感情は小学生以来の頃でした。中二病みたいに思われるかも知れませんが、ずっと辛くて泣いていた日々なんです(笑)もうこんな頃には絶対戻りたくない。戻ってはいけない。でも時々あの頃を思い出して辛くなったり。

 

 

今思うと本当に突拍子もない、子供だからこそ出来る発想だなと感じます。手間暇や周囲にかかる迷惑を考えたら最低な発想ですから。

 

 

くろラジmini関連記事はこちら。

目次 1 切り抜き動画って賛否両論あるけど、基本的には不要。1.1 いくら非表示にしてもどんどん出てくる…検索の邪魔!1.2 「くろラジmini25:切り抜きってネット万引きでは?」の文字起こし。1.3 日頃の愚痴や世間のモヤモヤをこっそり喋るラジオ […]

目次 1 「死」と書かれた画像は是非動画内でご覧ください(笑)1.1 こういう事を平気で書ける神経が意味わからない。人間性以前の問題。1.2 「くろラジmini31:小学校の卒業アルバムに「死」って書かれてある」の文字起こし。1.3 人としてもっと成 […]

目次 1 仕事で迷惑かける奴よりタチが悪い、セクハラは。1.1 好みは自由だけど他者に強要しないで欲しい。頼むから。1.2 「くろラジmini7:ジーパンフェチが写メを強要してきた件」の文字起こし。1.3 ジワジワと人気になっている?「くろラジmin […]

目次 1 YouTube開始5ヶ月ほどでここまで投稿出来るなんて…。1.1 自分に合った趣味だからガンガン投稿しまくっても疲れない。1.2 「くろラジmini68:合計154本以上動画投稿達成!」の文字起こし。1.3 更に面白さ・見やすさを追求した編 […]

目次 1 周囲はとっくに気づいているのに、どうしてそんな嘘を言うのか…。1.1 自慢や武勇伝はほどほどにしておかないと周りから陰で馬鹿にされる。1.2 「くろラジmini29:虚言癖の女」の文字起こし。1.3 日頃の言葉はごく自然に、ありのままの状態 […]

 

 

「くろラジmini17:自殺か、全員殺害か」の文字起こし。

いまだからこそ言える内容ですね。当時YouTubeやSNSが無くて本当に良かった(笑)

 

ずっと心の中は孤独でした。今もそれは変わらないけど、小学校時代の頃の方が耐えがたい苦痛の日々であったのは間違いないと思います。誰にも理解してもらえない苦しさの中を過ごしていました。

 

 

犯罪や非行に走るほどの勇気も無いし(無くてよかったけど)、あんなに辛かった衝動を抑えてしっかり(?)生きていられる事に感謝しないといけないですね。

 

 

 

 

 

文字起こしはこちら。

くろラジmini17回目。そろそろ20回かぁ。早いですねぇ。今日もやっていきます。よろしくお願いします。
いや~懐かしいなぁ。こんなことを子供の頃考えてたんですよ。本気で。いまはそんな大人になってませんから(笑)
ご安心ください。マジです。これ。

 

 

なんでそんな小さいころからそんな事考えてたんだろう。小学校の頃ですよ。死にたくで。
生徒会に手紙書く?みたいなのがあって、それに書いたことがあって、案の定呼び出されたりして。
死にたかったんだろうな…本当につらくて。いまより希死念慮感やばかったかも知れないなぁ。なんでだろうなぁ。

 

 

いじめられてた、っていう小学校特有の理由もあったしね。あとは、当時から毒親だったからね。あれ。
「毒親」という概念がまだ世間に浸透されてなくて、ネットがまだ始まったばかりの頃だし、当然検索なんでやったこと無いし。
いつも布団を涙で濡らすほど泣きながら寝てた覚えがあります。泣くとよく眠れるし。

 

 

それで、ほんとうに自分が死ぬか、私を馬鹿にしたりいじめてた奴は全員殺そう…とかって本気で考えてた小学校時代でした(笑)
今だからこそ笑ってネタに出来ますけどね。信じられないですよね。異常な精神性だ。子供のころから。

 

 

なんでそんな事を真剣に考えてたんだろうな。子供の頃って法律とか手間暇とか考えないで突拍子もないことを
考えるじゃないですか。それなんですよ。普通に考えて全員…って、いったい何人なんだって話ですよ。
いや、あんまりこの話題を広げてもね…しょうがないんだけど。

 

 

病んでたんだろうなぁ。あの頃から病んでたんだろうなぁ。おそらく。なんでそんな人間なんだろう。
そういう星のもとに生まれてしまったのかな。じゃないとそんな野蛮なこと考えないですよね。普通は。
でも結局大人になっても、性質が変わるわけじゃないし、さすがに全員殺すとはいかなくても、
ムカつくやつはくろラジminiのネタになってるしね(笑)やべ~な。うん。人間性が。おかしいよね。これ。

 

 

犯罪者にならずにすんで良かったです。本当に。安心しました。子供の頃考えていた将来ではなかったとしても、
犯罪者やテロリストになっちゃダメだ。それは絶対そう。人に危害を加えちゃダメ。
ムカついてたとしても、全員って…10人とか20人とか?(笑)そんな大量殺人犯は絶対ダメだな。
殺人犯にならない将来で良かった。うん。

 

 

子供の頃の純粋さを忘れてはいけない、なんていう言葉があるけど、確かにそうだけど、私の場合、
更生して真人間にならないといけない部分がありますよね(笑)鬱屈とした、社会への反抗心ばっかりが育ってて。

 

 

反抗心は忘れちゃならないな。あの時の苦しさや憎しみも忘れちゃダメだと思う。殺意は忘れよっか!(笑)
殺意は忘れよう。彼らもそれぞれ頑張ってるからさ。結婚や出産・育児してるしね。
いまこの時代で結婚や家庭を築くってよっぽどすごいよ。苦手なやつらばっかりだけど。その努力は素直にすごいよ。
そこは尊敬するわ。仕事もそうだし。私には全く出来ない努力だからさ。うん。

 

 

彼らがどれだけ憎かったとしても、認めるべき部分や性質は認めていくべきだよね。
いくら信用に足らない人間だったとしてもね。そういう柔軟性や寛容な精神を、これから培っていかなくちゃいけないよね。
犯罪者にならないように気をつけなくちゃね。本当にさ。私自身が自分の危うさを分かってるから。
いくら生活が苦しかったとしても、自尊心は失ったらダメだね。はい。また次回です。ご視聴ありがとうございました。

 

いま振り返っても変な内容のラジオでしたね。今回の動画は。

 

 

こうやって動画で公開することによって自分の中でスッキリ出来るし、言ってみたのは悪くないと思います。これを聞いた視聴者は衝撃を受けるかも知れませんが…。小学校時代の頃って何かしら苦痛はありますよね、きっと。

 

 

これから先辛いことがあっても自尊心は忘れてはいけないですね。そして、犯罪に走らない。これが一番大事(笑)何があっても人に危害は加えない。大事な事を思い出せましたね。当たり前の事なんだけど。当たり前に生きられない社会ですから。

 

 

毎日投稿中!「くろラジmini」をよろしくお願いします。

なんだかんだで毎日投稿し続けています。高評価・チャンネル登録をお願いいたします。

 

どんなに辛い過去でも喋ってしまうとスッキリ出来ます。それがこのラジオ。毎日投稿してるけど飽きません。ネタがまだまだ豊富にあるんで(笑)黒歴史と愚痴の数なら豊富に揃ってます。

 

 

逆に楽しい内容が全然無い。いつも愚痴ばっかりです。いつか良い内容を語れたら良いのになぁって思うんですけど、ネタ帳一覧には愚痴ばっかり!

 

やはり仕事からくる人間関係と愚痴は尽きないですね。ずっと喋れる。つい5分以上超えてしまうぐらい。だから毎日続けられるんでしょうね。そこから派生して動画をいくらでも投稿出来るようになってきました。

 

 

また色々思いついたら随時愚痴ネタを喋っていく予定となっておりますので、今後の「くろラジmini」を是非楽しみにしていてください!

 

 

過去の黒歴史を洗い出すことによって新たな決意表明をしたりします。

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!




 

最新情報をチェックしよう!
>Vlog × Blogで更新中。

Vlog × Blogで更新中。

「VB LOGGER」はVlogとBlogのそれぞれの特性が相乗効果となって、生活の可能性を広げます。動画編集・投稿・YouTube配信、雑記・特化型ブログとの連携、好きなYouTuber、動画界隈を喋ってみたり。動画配信で人生の可能性が広がる楽しさを知りました。

ブログを書く楽しさと、Vlogを投稿する楽しさ。どちらも充実させたサイトにしていこうと思います。

CTR IMG